前へ
次へ

生理中の腰痛の理由と巡りを良くする対策方法

体内のホルモンバランスでひと月の体調にも変化があるのが女性ですが、普段は平気でもなぜか生理になると腰痛になるというケースは少なくありません。重い荷物を持ったわけでも、転んだわけではなくても、腰に重さを感じたり熱をもったり鈍痛をかじることがあります。生理痛は悩ましいことですが、子宮の収縮が痛みの原因です。プロゲステロンとエストロゲンは女性にとって欠かせない女性ホルモンですが、月経の時期を迎えると、子宮内膜での増殖、排卵や卵子の成熟など、赤ちゃんをお腹に宿すための準備が着々と進められます。でも着床にならなかったら、体内では生理を起こしますから、その後にまた次の月経時期に向けての準備が開始です。子宮の収縮が行われることで、子宮内膜が剥がれても膣へと子宮口から送られることになります。その収縮時のズキッとするのが生理痛であり、プロスタグランジンの産生もこの時にはとても多くなるのも特徴です。血管はいつもよりも拡張をしますし、その部位だけではなく周りにまで痛みは及びます。体内で生理を引き起こす子宮だけでのことではなく、問題は周りにも影響があるという部分であり、腰まで痛みは伝わるため生理中には腰痛が起こりやすいです。プロスタグランジンこそが生理期間の腰の痛みの正体ですが、緩和する方法があります。筋肉により子宮はできていますから、骨盤周辺の血液の巡りを良くすることです。血流が良い状態に切り替わると、プロスタグランジンの産生速度は落ちますが、それは子宮における収縮力がそれだけ鈍くなるためであり、お腹や腰回りを温めるのが良い方法です。お腹周りを温めてくれる腹巻を使ったり、カイロをお腹と腰に貼り付けておくのも良い方法と言えます。芯から体を温めるにはお風呂であり、生理中はシャワーだけにしがちですが、こんな時だからこそ腰痛対策で入浴をすることです。好みの香りのアロマオイルや好きな入浴剤を入れて、ゆったりと浸かれば体も温まりますし、良いリラックスにもなります。

全国どこの病院にも搬送します
名電通のナースコールは、全国対応していますので、お気軽にお申し付けください

動物とパートナー様を第一に考えた診療
ご家族の考えた治療提案をさせていただきます

歯学部のCBT対策や卒業試験に関するコツについてアドバイス
誰に聞いたらいいか分からずお悩みの方は、お気軽にご相談下さい

歯学部個別指導塾ADOでは歯学部の留年生を全力サポート

https://kenko-as.or.jp/
地域の健幸を支える整形外科「健幸クリニック調布国領」です

Page Top