前へ
次へ

神経の障害から起こる腰痛

腰痛の原因はいろいろあると思われ、防止する策にいろいろと考えられています。その腰痛の中には神経から起こる痛みもあり、それは神経障害性疼痛と呼ばれるもので、腰から足にかけ痛みを発症することが多くなります。この痛みを発症する時には、腰周辺にある神経が傷ついている可能性も多く、痛みが長引くことに繋がります。痛みを発症する理由として腰付近にある脊柱管が狭くなってしまい、神経が障害されてしまう場合です。このような障害が起きてしまうと腰付近の痛みだけでなく、足やお尻と言った部分にも痛みを感じることがあります。なんでもない状態の時に足をシビレを感じるなどの症状が起こった時には、腰からの痛みが原因と考えて良いのでしょう。この神経障害性腰痛の原因はいろいろあると思われ、防止する策にいろいろと考えられています。その腰痛の中には神経から起こる痛みもあり、それは神経障害性疼痛と呼ばれるもので、腰から足にかけ痛みを発症することが多くなります。

Page Top