前へ
次へ

腰痛を患ったら専門の医療機関を受診しよう

近年、腰痛で悩む人が増えていると言われています。腰痛と一言でいっても、軽い症状のものからぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など、その種類はいろいろあります。痛みを和らげるには、その症状に合った治療を行っている医療機関を受診する事が大切です。たとえば、長年の疲労の蓄積などで起こる軽い腰痛や、マッサージをしたり、湿布などを貼れば短期間で痛みを和らげることができます。また、重たいものを持ったときなど、突然腰に痛みを感じるぎっくり腰は、一週間から二週間、安静にしておけば痛みが改善できると言われています。ただ、安静にしていても痛みが治らなかったり、下半身にしびれを感じるようになった場合は、椎間板ヘルニアの可能性がありますので、早めに医療機関に行くことが大切です。MRIやCTといった精密検査を行うことで、腰痛の原因を特定することができます。また、痛み止めの服用薬や湿布など貼り薬などを処方してもらえる場合もあります。専門の医療機関に行けば、最適な治療方法を提案してくれますので、腰の違和感が改善されない場合は受診してみましょう。

Page Top