前へ
次へ

雪かきで起こる腰痛に注意

高齢化が進み人口減少が止まらない地域に、北海道も上げられます。そんな北海道の冬には、高齢者の方々が通うことになるのが、整体院やマッサージ院です。毎日のように降る雪のため、毎朝雪かきが必要になり、重たい雪を除雪したことで腰痛になってしまうことが多いからです。一晩で降り積もる雪は、多い日になる数十センチにもなるほどになり、老いた体には相当な労働力が必要になります。雪かきが終わった後腰痛になる人が多く、腰痛の解消に整体が必要になるからです。高齢者になってくると筋肉が衰えてしまい、腰に力も入らなくなります。老体にムチ打っての雪かきは、腰への負担がかかり、治療をしてもらうことが必要になります。一般的な痛みの原因には、血流が悪いとか背骨の歪みなどが考えられますが、足の使い方にも影響があるとされます。雪かきなどをしている時、足の運び方が悪くなってしまい、腰痛を起こすことも考えられますが、足の運びに注意しながら雪かきをする人も少なく、痛みを起こしてしまうことになると思われます。

Page Top