前へ
次へ

腰痛の心配ある人は姿勢に注意を

腰痛の代表的なものに椎間板ヘルニアがあります。背骨となっている骨の間にある椎間板が骨の間から突出して、神経に障ることで炎症を起こす病気です。椎間板ヘルニアになる要因には、椎間板が多くの負荷を受けたことで劣化したり歪んでしまうことから起こるものです。椎間板ヘルニアは若い人がかかる病気と言われ、生活環境や無理な運動から起こることが多くなります。また猫背と言う意外なことが原因で椎間板ヘルニアにかかることになることがあります。姿勢が悪いことで起こり、体重の負荷が余計に腰にかかることが原因とされます。姿勢を正すことも椎間板ヘルニアを防ぐ方法になりますので、猫背の人は注意が必要です。この猫背と反対にそり腰と言われる人も同様に腰に負担がかかることから、椎間板ヘルニアにかかる要素を持つことになります。猫背同様に注意が必要になります。ちょっとした生活環境を変えるだけで、椎間板ヘルニアと言う重たい病気から解放されることになります。腰痛に心配のある人は椅子に座る時など、背中に気を配るようにすると良いでしょう。

Page Top